三都BLOG

三都BLOG

京都にある不動産屋さんの事務員初心者が、日頃気になること、住まいのこと、京都のことをゆるく綴っています(・∀・*)

水無月のお話。

f:id:jimuin310:20180722105225j:plain

こんにちは、事務員です。

今日から6月ですね!

平成最後の、と付くと何だか感慨深いというか、特別感があります。

次の年号は何になるのでしょうね。(⁰▿⁰)


ところでカレンダーをめくっていて水無月という言葉が目に入ったのですが、6月って梅雨の時期で‘水が無い月’とは正反対じゃないㆆ﹏ㆆ?という疑問を持ちました。

そんな訳で水無月についてちょっと調べてみました。


水無月の不思議

水無月(みなづき)は、明治5年まで日本で使われていたこよみで、6月を指す言葉です。

当時はお月さまの満ち欠けをもとにして月や日付を決めていたので、現在とは時期がずれていて、今でいうと6月下旬から8月上旬を表していたそうです。

そんな水無月の由来については諸説あるようで。

まずは上記のとおり、旧暦の6月は梅雨が終わって暑さが増してくる時期です。

なので、

①梅雨が終わり、雨量が減ったので、水無月という説。

②暑さにより水が涸れていく時期であるので、水無月という説。

という水が無い月という単語に沿った分かりやすいものがありました。


一方で水無月の『無』は、連体助詞の『な』にあたり、その意味は「~の」ということで、

水無月は『水の(ある)月』と言っている、という説があります。

この頃は田んぼに水を張っていた時期でもあったそうなので、この名前が付いたのかもしれませんね。(☌ᴗ☌)。

無という漢字から、てっきり水がないのだとイメージしていましたので、むしろある事を言っているという説には驚きでした。

色んな考え方が出来て、日本語は面白いです。(´꒳`)

三都住建株式会社HP