三都BLOG

三都BLOG

京都にある不動産屋さんの事務員初心者が、日頃気になること、住まいのこと、京都のことをゆるく綴っています(・∀・*)

京都市内の公園を巡るシリーズ。24

こんにちは、事務員です。

シリーズ第24回目はこちらの公園です!


◆北市原児童公園

場所は左京区静市市原(しずいち いちはら)町です。

マップはこちら!


公園の面積は124㎡。出入口は2箇所です。

遊具は砂場、鉄棒があり、設備は水道と40tの防火水槽があります。


f:id:jimuin310:20190616164435j:plainf:id:jimuin310:20190616164437j:plain
簡易俯瞰図と①からの写真。


f:id:jimuin310:20190616164503j:plainf:id:jimuin310:20190616164507j:plain
②と③の位置から。


f:id:jimuin310:20190616164534j:plainf:id:jimuin310:20190616164537j:plain
④と⑤の位置から。


f:id:jimuin310:20190616164559j:plainf:id:jimuin310:20190616164602j:plain
⑥と⑦の位置から。

⑦の写真。 右側の看板は錆びて茶色くなっているので分かりづらいですが、恐らく防火水槽の看板です。(^_^;)


時期的に桜が満開で綺麗でしたが、公園の小さな花々にもとっても癒されました。(^∇^)

f:id:jimuin310:20190616164630j:plainf:id:jimuin310:20190616164633j:plain

●写真は2019年4月撮影


さて、今回でこちらの地域の公園のご紹介は一旦終了です。

静市市原町がとても広かったので、まだ巡れていない公園もありますが、また別の機会に伺いたいと思います!


f:id:jimuin310:20190616164636j:plainf:id:jimuin310:20190616164640j:plain

左の桜は叡電市原駅で降りた時に撮影したものです。

紅葉で有名な叡山電鉄、というイメージがあったので、沿線で桜も楽しめて大満足でした。(´∀`).+゚


右の特徴的な車両は2018年の3月から運行を始めた車両の「ひえい」です。

以前、八瀬比叡山口駅で電車のパネルを拝見していたので気になっていたのですが、思いがけず乗車する機会に恵まれました!

f:id:jimuin310:20190617160029j:plain

中は柔らかな照明と、楕円を思わせるような曲線の手すりやイスなど、面白い内装でした。(^∇^)

f:id:jimuin310:20190617165501j:plain
電車の扉も楕円型です

叡山電鉄さんのHPを拝見すると、

叡山電車の2つの終着点にある「比叡山」と「鞍馬山」の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、「神秘的な雰囲気」や 「時空を超えたダイナミズム」といったイメージを「楕円」というモチーフで大胆に表現しています。

HP: 八瀬・比叡山へ 観光列車「ひえい」|叡山電車より引用

とあったので、お洒落なデザインというだけではなかったのですね。

今は青紅葉も綺麗だと思いますので、また叡電に乗って貴船や鞍馬の方にも行きたいです。(´∀`).+゚


三都住建株式会社HP

京都市内の公園を巡るシリーズ。23

こんにちは、事務員です。

公園シリーズ第23回目はこちらをご紹介をさせて頂きます!(^∇^)


◆北市原第二児童公園

場所は引き続き左京区静市市原(しずいち いちはら)町です。

マップはこちら。


公園の面積は411㎡。出入口は2箇所。

遊具はブランコ、すべり台、砂場、鉄棒があり、設備は水道と40tの防火水槽がありますよ。


f:id:jimuin310:20190615133747j:plainf:id:jimuin310:20190615133752j:plain
簡易俯瞰図と①からの写真。


f:id:jimuin310:20190615133816j:plainf:id:jimuin310:20190615133820j:plainf:id:jimuin310:20190615133831j:plain
②と③と④の位置から。

③の写真。 別の公園でも見かけて不思議に思っていたのですが、この柵に設置されている、いかにも開閉出来そうな部分は何の目的で設置されているのでしょうか。

防火水槽の看板とマンホールが近くにあるので、消防車などが利用するときにここを開けてホースを通すため、と考えるのが妥当でしょうか。正解が知りたいです。(・∀・*)


f:id:jimuin310:20190615133851j:plainf:id:jimuin310:20190615133854j:plain
⑤と⑥の位置から。

⑥の写真。 藤原 惺窩(ふじわら せいか)さんという方が晩年過ごされた山荘があったそうで、この石碑が立っているようです。

藤原 惺窩 (ふじわら せいか)

(1561~1619) 江戸初期の儒学者。播磨(兵庫県)の人。名は粛(しゅく)、字は斂夫(れんぷ)。初め相国寺の僧。のち朱子学を究めて、京学派をおこした。徳川家康に重んぜられ、門人に林羅山らがいる。仏教・老荘との融和を心がけた。著「惺窩文集」

出典:大辞林 第三版


f:id:jimuin310:20190615133935j:plainf:id:jimuin310:20190615133938j:plain
⑦と⑧の位置から。

子ども達の忘れ物なのか、グローブやサッカーボールが置いてありました。(^∀^*)


f:id:jimuin310:20190615134026j:plainf:id:jimuin310:20190615134029j:plain
⑨と⑩の位置から。

⑨の写真。 公園中央の木が大きかったので、思わず撮影しました。存在感がすごい。


f:id:jimuin310:20190615134049j:plainf:id:jimuin310:20190615134052j:plainf:id:jimuin310:20190615134109j:plain
⑪と⑫と⑬の位置から。

●写真は2019年4月撮影


4月に撮影した公園達のストック分は次回で終わりそうです。

気付けば6月なので、だいぶゆっくりご紹介してしまいました。(^_^;)

公園シリーズ強化月間をいつか実施したいです。(^∇^)


三都住建株式会社HP